早起きは三文の得、とよく言われています。

早起きでその日を有意義に使い、充実した一日にしましょう

早起きでその日を有意義に使い、充実した一日にしましょう

早起きでその日を有意義に使い、充実した一日にしましょう 早起きは三文の得、とよく言われています。確かに、普段から早起きしていると気持ちよく起きることができて得をした気分になります。休日だからといって長く寝ているといざ起きようとしても辛いですし、気持ちがついてこないことが多く、結局ダラダラと過ごしてしまうので勿体ないものです。そのダラダラした気持ちは結局その日一日ついて回るので、丸一日が沈んだ気分のまま過ぎることもあります。

逆に早起きをすると、朝の清々しい空気をおなか一杯に吸うことが出来、朝食が美味しく感じられます。そして早起きをするということは当然一日を長く使えることにもなります。例え一時間でも長く使えるのは得した気分になり、一日の最後には、充実した一日を送れたという実感が湧いてきます。

早起きをして一日を長く使えるというのは、案外重要なことです。何かをやろうと決意して起きたのなら、それを早朝のうちからやっていくことで残った時間までも有意義に過ごすことが可能となってきます。特に昼までの時間が長く使えるので、それまでに掃除や洗濯などを済ませておけば昼から外出したり遊んだりと、自分の自由に使えるようになります。昔の人は三文の得、と言っていますが実際には時間はお金には変えれない程の価値があるものなので、ぜひ早起きを実践し、時間を有効に使いましょう。